三匹の子ぶたのお話

お母さん豚が子どもたちを集めてこういいました。
もう、大きくなったのでそれぞれ自分で家をつくって住みなさい。

                  

一番大きな長男子豚は、かんたんなワラブキの家を作りました。
二番目の子豚は、いつもまきを拾うのが得意なため、木の枝で家を作りました。

                

二匹の子豚は、家を作るのが終わり、おやつを食べながらこういいました。
三番目の子豚は、何をするにも遅いな。
そんな頑丈な家をつくらなくてもいいんじゃないか。
僕なら、早く作っておやつが食べたいよ。

                

それでも、三番目の子豚は、一生懸命レンガの家を作っていました.
そして、ようやく頑丈なレンガの家が出来上がりました。
三匹の子豚は、その日からお母さんとはなれて、それぞれの家に住むことになりました。

             

    

ある日、山から狼がはらを空かして、町に下りてきました。
そして、三匹の子豚の家を見て、子豚を襲おうと考えました。

オオカミは、まず、ワラブキの家の回りをぐるりと一回りし、
なんだこんなかんたんな家なら一気に吹き飛ばしてやると、
オオカミは、大きく息を吸ってふーふーと、ワラブキの家めがけて吹きかけました。
すると、ワラブキの家はかんたんに吹き飛んでしまいました。

一番大きなおにいちゃん子豚は、急いで、二番目の子豚の家に、逃げ込みました。
ああ 怖かった。もう大丈夫だよ。と、弟子豚はいいましたが、
すでに、木の枝の家の前には、オオカミが中をのぞいていました。
そして、オオカミは、家に体当たりして来ました。

わ〜たいへんだぁ〜 家がこわされるよ〜
二匹の子豚は、急いで、一番下の弟子豚が作ったレンガの家に逃げ込みました。

もう大丈夫だよ。オオカミにはレンガの家は壊されないよ。安心して。

それでも、諦めない、オオカミは、家の周りをぐるぐる回りながら、どこか入れるところを探していました。

すると、オオカミは、屋根に上りエントツから入ろうと考えました。

あわてた三匹の子豚は、急いでお湯を沸かし、エントツの下におきました。
すると、オオカミはエントツから滑り降りて、熱湯のお湯の中にザブ〜ン、

あちちちぃ〜とオオカミはやけどを追い大慌てで森の中へ逃げていきました。

            

それからは、三匹の子豚は仲よく暮らしましたとさ。
おしまい