健康な生活をしたい

あいさつ

朝、起きるのがつらい、肩こりがひどい、腰が痛いなど、若いときはそれでも仕事ができるのですが
だんだん、中年以降になると、このままでこれから先、体が持つのかなと不安になる時が
あります。
いつまでも健康でいたい、これは誰でもが願う気持ちです、健康診断の結果が出るたびに
不安になりませんか?

体が不具合になる理由を頭に入れておけば、その対処法を見つける事ができます。
病気は先天的なものを除いては、かたよった食生活、運動不足などが原因です、
このサイトでは食生活、サプリメントを使った栄養面からの体調不良の改善などに
スポットをあててゆきます。

活性酸素という物をごぞんじでしょうか?我々人間は24時間呼吸をして、酸素を取り込んでいますが、この一部の活性酸素がからだに悪い影響を与えています。
病気、アレルギー、老化の原因だと言われています。

元々、この細胞内にある活性酸素を無毒化する酵素を肝臓から分泌していますが、
暴飲暴食、酒類の飲みすぎ、睡眠不足などから、だんだん酵素が出なくなって、
からだに不具合がおきてきます、それに対向するものが、抗酸化物質です。

これらについて、具体的に説明していますので、よく読んでいただきますと
みなさんの健康についてのアドバイスになるでしょう。

高麗人蔘の有用成分の代表としてあげられるのが、
人蔘サポニンと呼ばれている成分です。サポニンとは、
水に溶かして振ると石けんのように泡が立つ性質があり、
オリーブやキキョウ、大豆、小豆、ゴボウの皮など、多くの植物に含まれています。
体には、細菌やウイルスを退治する防御機能がそなわっています。
ところが、その防御機能が過剰に出すぎると、
今度は逆に"アレルギー症状"を引き起こす元凶になってしまう場合もあります。
気管支ぜんそく、花粉症、アトピー性皮膚炎などは、その代表例。
高麗人蔘には、副腎皮質ホルモンの分泌を調整して、
防御機能を正常化させる作用がありますので、アレルギー症状の緩和に有効です。

糖尿病に効果あり
高麗人参にはインスリン不足を改善し、
体内でのインスリンの合成をサポートする働きがあり、
生活習慣病の一つであり現代人の多くが悩む糖尿病の予防や改善をサポートしてくれます。



40才以降からの体調の変化

若い時は多少無理をしても睡眠をとれば、早く回復していましたが、40才になると朝、起きるのが
おっくうになり、仕事をやるのも体がついてゆかなくなります。これはイロイロな原因がありますが
大きな原因は肝機能の低下があります、特にお酒を長期間飲んできた方は脂肪肝、肝炎など
に注意が必要になります。脂肪肝は中性脂肪が肝臓に溜まって、肝臓がうまく働くことが
できない状態になります、脂肪肝の段階ならば、適切な処置をおこなえば健康な肝臓に戻ることが
できますので対策をしましょう。


メタボ対策

健康診断の結果を見ると、総コレステロール、悪玉コレステロール、善玉コレステロールの数値が気になりますね。
このコレステロールによって動脈硬化などの原因になります、まず動物脂肪をとらない、
つまり、肉のあぶらを食べない、青魚を食べる、毎日、魚ばかり食べれないので、
サプリメントの出番になります、魚油をカプセルに入れたものがネット販売で売られています。
魚油に含まれているDHAやEPAはコレステロール値を正常に近づけ、中性脂肪値を下げます。

中年になると、基礎代謝が落ちますので炭水化物の食べる量を少なくしなければなりません。
今までと同じに食べたい方は運動をしましょう、ウォーキングなどの軽い運動でいいので
続けましょう、しかし、運動後におなかが空いても余分に食べてはいけません。




糖尿病にだけはなりたくない

糖尿病は恐ろしい病気です、知り合いで朝起きてこないので家族が起こしにいったら、亡くなっていたという事ありました。50代でした。

糖尿病にかかって、最悪になると足の切断という事があります、足の先が壊疽を起こし
腐っていくのです。でも本人は足が腐っていても全然痛くないんです、どうしてかというと
痛みを伝える神経がやられていて、痛みを脳に伝えないからなのです。


糖尿病が強く疑われる人や可能性を否定できない「予備群」が合わせて日本人の27.1%と推計され、成人の4人に1人以上が糖尿病かその予備群であることが、厚生労働省の「2011年国民健康・栄養調査報告」であきらかになった。

PR





ページのトップへ戻る