headband

妊娠中期 安定期 便秘

妊娠中期(安定期)に起きる便秘の特徴

妊娠している時は、とかく、妊婦さんの身体の調子は、崩れがちになってしまいます。

体の不調はあって当然ともとれることであって、大騒ぎをして、神経をすり減らさないようにしたいものです。

さて、妊娠中期、赤ちゃんもだいぶ大きくなってきた、安定期頃で起こる便秘もあります。

この妊娠中期の便秘が起こる理由は、赤ちゃんの成長にともなって子宮が大きくなり、腸のながれが悪くなることなどが原因とされています。

妊娠中期(安定期)の便秘の注意点

また、胎盤も赤ちゃんも大きくなる安定期頃から、大腸の水分を吸収する働きのある黄体ホルモンと呼ばれるホルモンの分泌量が増えてきます。

そのため、今まで以上に、こまめな水分補給を心がけるのは、便秘の予防や解消に効果的です。

この便秘に対しての便秘解消方法は、便の通りを良くするということが大切になってきます。

便の通りが良い食べ物は色々にありますし、日々から食べているという人も多いかもしれません。

ですが、薬局などで販売されている下剤など、大腸に強い刺激を与える物は返って逆効果であって、刺激が強すぎてしまうこともあるので注意が必要です。

便秘でどうしようもなく、おなかが辛いなどの不快感で精神的なストレスまで溜まるようでしたら、市販の下剤は使わずに掛かりつけの産婦人科に相談して、そこから処方された便秘薬を使うようにしてください。

妊娠中期(安定期)の便秘解消に効果的な食べ物

さて、便秘解消を目指していくために、食物繊維がいいと想っている人もいるかもしれません。

しかし、不溶性食物繊維を含む食品ばかりを食べていけば、便がたまっていってしまう原因にもなります。

食物繊維は、水溶性食物繊維のものと合わせて、バランス良く摂取する事が大事です。

また、おなかの張りを感じるということも多く、それがストレスとなって、痙攣性便秘というストレス性の便秘になってしまうこともあるのだそうです。

ストレスは、自律神経の交感神経と副交感神経のバランスを乱すのと同時に、胃や腸など消化器官の働きを乱すことから、腸がリラックスできるような工夫も大切です。

さらに、運動不足や甘い物の食べ過ぎなどでも、脂肪がつきすぎることでも便秘だけでなく妊娠高血圧症候群(妊娠中毒症)にも繋がってしまうので、妊娠中に適度に体を動かすことも便秘解消や予防になります。

>>妊娠中の便秘解消に即効性が高いオリゴ糖ランキングはこちらをクリック

pagetop